シンクタンク(調査・提言)

政治的・経済的安定性が評価された永世中立国スイスには、さまざまな国連・国際機関、非政府組織が拠点を置き、大学・教育機関との産学官連携も盛んに行われています。さらに世界の金融センター、ヨーロッパのビジネスハブとして多くの国際企業が活動をしています。SEYMOUR INSTITUTEのスイスを拠点にした研究員による情報収集・調査活動です。

マーケット・インテリジェンス(市場戦略情報)とは、収集した情報の照合、分析、評価、釈義から創造する情報の成果物です。営利活動を促進するために必要な情報を提供する戦略的な情報商品であり、目的のひとつは、外的環境・市場の観察に内在する不確実性を軽減させることです。 作業過程には、多くの異なる情報源からの情報収集が含まれます。戦略上の必要性と潜在的な影響に基づいて、情報が収集された時点で直ちに共有されることもあります。しかし、このような未処理のデータは連続して発生する出来事に関する断片的な情報に基づいており、不正確さや不確実性を含んでいる可能性があり、その後の分析や収集情報によって解決する必要があります。完成した情報商品には、手段を導き出すために比較、分析、重み付けされた情報が含まれます。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する調査分析

  • {{post.blog_pub_date}}

{{ post.title }}

{{post.truncated_excerpt}}

記事がありません。

スイスの独立系シンクタンク・調査機関との協力

独立系シンクタンクである協力調査機関は、科学、技術、ビジネス、社会を横断して活動しています。2007年以来、シンクタンクとして欧州の主要な組織や商業団体、公的機関、民間企業に重要な情報を提供してきました。中長期的な課題に対する戦略的な分析は、コンサルティング業務の中核を成します。

課題解決

企業や公的機関は、リソースが日々の責任に追われているため、中長期的な課題を把握することが難しいことがよくあります。組織内の視点では、全体的な概念的なアプローチを必要とし、個々の部門の範囲を超えたソリューションを構築することが困難な場合があります。

12以上のセクターを対象とした体系的な360度分析に基づき、重要な新技術、イノベーション、ビジネスモデルを国際的な視点から最新かつ包括的に概観します。このプロセスは、中長期的なトレンドを特定し、将来を体系的に検討することを可能にします。

企業組織や意思決定者は、自社の活動分野内外の関連する動向を早期に特定・構造化し、それに基づいて独立した長期的な視点と戦略を策定することができます。このように、企業がこれらのプロセスをアウトソーシングし、コスト面でのメリット、ベストプラクティス、中立的な外部の視点から利益を得る機会を提供します。

包括的な戦略コンサルティングとカスタマイズ・シンクタンク

長期戦略の策定は、組織の将来を形作る可能性のある動向やトレンドを体系的に早期に認識し、具体的な推奨事項を策定することから始まります。一時的なプロジェクトから長期的にカスタマイズされたシンクタンク構造の構築まで、個別または組み合わせた利用可能な多くのプロジェクトモデルを用いて活動します。

作成例)無償公開調査レポート(簡易版 2020年7月)について

研究員:

東京大学(BA)、スイス・ザンクトガレン大学(MBA)。スイスを拠点に、グローバル企業のビジネスデータ分析、顧客・市場戦略調査を行う。テクノロジー、Eコマース、ヘルスケア領域の知見を持つ。

調査言語:

フランス語、ドイツ語、英語、日本語

産学官有識者の見解:

スイスの金融機関関係者

「デジタル通貨とスイスおよび国際比較から見る動向」

調査レポート(簡易版)「デジタル通貨とスイスおよび国際比較から見る動向」を無償公開中です。

問い合わせ

調査・分析活動、スイスの研究員・情報収集による競争優位の企業戦略

競合他社にない未来の優位性を知る、コアコンピタンス(Core competence)を分析する。