最先端のモビリティと自律型ロボット、仕事場で起動中、どこへでも。

ANYboticsはスイス連邦工科大学チューリッヒ校からスピンオフした企業として産業用モバイルロボットの開発で業界をリードしています。自律的な脚型ロボットは、これまで人間しかアクセスできなかった困難な環境で顧客の問題を解決しています。4本足ロボット「ANYmal C」を使用することで、自律的な定期点検を行うことができ、信頼性の高い設備データや環境データを一貫して受け取ることができます。

ANYmal C

究極の機動性


完全な自律性

究極の機動性

ANYmal Cの脚は,階段の上り下りや障害物,段差,隙間を乗り越えたり,狭い場所を這って移動する際に,比類のない機動力を発揮します.強力で完全にトルク制御可能なアクチュエータによって駆動されるエニマルは、触覚でどんな地形にも適応します。

最新のセンシング

ANYmal Cには、安全な運用を可能にする知覚センサーが満載です。SLAM(Simultaneous localization and mapping)により、複雑でダイナミックな環境下でも正確な位置情報を提供します。

完全な自律性

ANYmal Cは,複雑な複数フロアの環境を完全に自律的にナビゲートします.一度案内された環境を通過すると,ANYmalは隅々まで記憶し,任務を遂行するための最短ルートを見つけ出します.操作中は,障害物を安全に回避し,不整地でも確実に移動します.

ロボットによる検査

ANYmal Cは,ロボットの安全性,信頼性,精度,耐久性を活かして,産業界の業務やクラウドベースのソリューションを拡張します.ANYmal Cは、機器や環境を監視することで自律的に頻出するデータを提供し、要求に応じて行動して追加計測を行います。物理世界とデジタル世界をロボットでつなぐことで、これまでにない品質レベルでの予知保全が可能になります。

計器の読取、異常の検知、環境のモニタリング

ANYmal Cは,機器や環境の物理的特性を収集・解釈するための各種センサを搭載して,事前に設定されたミッションを遂行します。 コンピュータビジョンと学習ベースのアルゴリズムの助けを借りて、広範囲のアナログ計器や指標をデジタル化することができます。一旦、ある種類の計器で訓練されると、値や状態が確実に識別され、プロトコール化されます。画像解析ができない場合は、写真を保存して手動で解釈します。 機器の全体的な健康状態を検査することで、運転上の問題の兆候を早期に発見します。点検時には、重要なポイントに異常がないかどうかをチェックし、重大な問題があればすぐに報告します。

予期せぬ技術的な事象は、危険な状況を引き起こす可能性があります。敏感なセンサーを搭載したANYmalは、環境中の危険な状態を検知し、必要に応じて警告を発します。 産業プラントでは、構造変化の継続的な記録処理が求められます。ANYmalは、環境の変化を監視し、安全規制の遵守を確実にすることで、操業をサポートします。

ドッキングステーション

搭載されたバッテリーにより、作業内容に応じて2~4時間の連続運転が可能です。充電は、ロボットがドッキングステーションに接続するだけで、オペレータの操作なしで行うことができます。必要に応じて、工具なしで簡単にバッテリーを交換することができます。

ANYboticsのテクノロジー

ANYboticsは、四足歩行ロボットを商品化することを目的として、2016年にスイス連邦工科大学チューリッヒ校ETHからのスピンオフとして設立されました。年々ロボットのプロトタイプは完成度、自律性、信頼性を増し、研究プロジェクトから完全に機能するデモンストレーターへと移行してきました。最初の商業的な依頼を受けて、実世界で使用できる脚型ロボットを開発するためにANYboticsを設立しました。

問い合わせ

自律型ロボット、機動性と最新のセンシング

人間しかアクセスできなかった困難な環境で信頼性の高い設備データや環境データを安全に取得