資産のデジタル化、セキュリティトークンの実装、デジタルコンプライアンス


Mt Pelerinは、スイス・ジュネーブに本社を置く、金融仲介業の認可を受けたフィンテック企業です。制度に準じたKYC/AMLコンプライアンスとディリジェンスにおいてトップクラスの実績を持っています。法規制に準拠したデジタル証券との連携、資産のデジタル化実装の技術、金融、コンプライアンスサービスのセットで、顧客の資産トークン化プロジェクトを実行します。

 

デジタル資産の学術研究・スイスへの事業進出ための情報です

デジタル株は、エクイティトークンとして、スマホのウォレットアプリから購入管理

企業の株式をデジタル化することにより、株主の管理を簡素化し、新たな潜在的な投資家を獲得できます。IT、不動産、金融、メディア、再生エネルギー、バイオメトリクス企業が Mt Pelerinのプラットフォームで、資本・利益配分のトークン化をしています。

20以上の法定通貨で暗号通貨をキャッシュアウト

暗号資産を売却して、CHF、EUR、USD、GBP、その他20種類の対応する法定通貨を銀行口座で受け取り、透明性の高い為替コストと隠された手数料のない取引ができます。
*注意:為替差益、市場の需要に応じて日々変動します。

トークン化のためのオープンソース BRIDGE プロトコル

・規制に準拠したセキュリティトークン、資産トークン、通貨トークンを発行
・Bridgeを使用して、株式トークンを発行、譲渡のルールを設定
・無料で独自のエクイティトークンとトークンセールを作成

経済協力開発機構OECD"資産のトークン化の金融市場と規制への影響について"のレポートで事例として紹介

Mt Pelerinは、スイスの規制枠組みに準拠して、発行済みの全株式(無記名証券として発行)をEthereumトークン(ERC20互換)の形でブロックチェーン上でトークン化した最初の企業です。 無記名証券(振替証券)として発行されたMt Pelerinの全株式は、トークン化され、Mt Pelerinの元の株主の名前でEthereumブロックチェーン上の「MPSトークン」の形で記録され、その中から最大5%の株式が、現地の販売規制に準拠して、スイスでの株式証券の公募および特定の外国の法域での私募ベースで一般に販売された。購入者は、完全な AML/KYC 認証を受け、売却完了時にMt Pelerinの株主名簿に個別に株主として登録された。 MPS トークンは自由に譲渡可能であるが、新たな取得者がMt Pelerinの株式に付随する株主の社会的権利(議決権など)または財務的権利(配当など)を行使するためには、完全な AML/KYC 識別プロセスを含む株主名簿への登録を発行者に申請しなければならない。

発行者はトークンに添付するルールを作成でき、どのように転送されるかを定義できる。ルールの適用は、複数の次元(トークン、人、時間)で動作するルール・エンジンによって監視され、実施される。このフレームワークにより、法的に堅牢なオペレーションを定義でき、AML/KYCや制裁規制に基づく販売や移転の制限など、進化する法的・規制の状況の中でコンプライアンス要件を実装できる。 Mt Pelerinは、資産をデジタルで表現するためのスマートコントラクトとトークン化を活用した新しいタイプのコアバンキングシステム上に構築された銀行を目指している。

スイスでの銀行業ライセンス取得に向けて

Mt Pelerinは、現在(2020年7月)スイスでの銀行業のフルライセンス取得を投資家と進めています。世界の金融イノベーションをリードするスイスでのビジネスモデルに、日本からも企業が参加(出資)して、日本でのイノベーションに貢献してほしいです。

銀行業ライセンスにより、法定トークンの取り扱いができるようになり、Bridgeウォレットの利用者に、マルチ通貨のデビットカードを発行します。例えば、ドルやユーロから円換するとき、複数の暗号資産を組み合わせた交換が通貨マーケットプレイス(マーケットメーカーロボット)で行われ、平均的な銀行よりも少なくとも20倍安く、透明性の高い手数料で、常に最高の両替取引が期待できます。無制限の一時発行の仮想カード番号を生成し、オンラインでの支払いやNFCに対応します。

問い合わせ

資産のトークン化とデジタルコンプライアンス

法規制に準拠したデジタル証券の発行、資産のデジタル化実装の技術、金融コンプライアンスのコンサルテーション